街路灯に照らされた大きな建物を建設!スペースの確保と、建設ターン、2つのフェイズそれぞれ戦略、読み合いが発生する、2人専用ボードゲーム パリ 光の都 【遊び方 ルール説明】

街路灯に照らされた大きな建物を建設!スペースの確保と、建設ターン、2つのフェイズそれぞれ戦略、読み合いが発生する、2人専用ボードゲーム パリ 光の都 【遊び方 ルール説明】
ゲームの進め方、実際の流れはこちら

内容物の紹介

中身はこんな感じ。

1:敷石タイル 16枚

敷石タイル表面

敷石タイル裏面。このゲームではプレイヤーはオレンジ(太陽)とブルー(月)に分かれてプレイします。敷石タイルは各プレイヤー8枚ずつになり、それぞれ裏面に太陽もしくは月が描かれています。

各敷石タイルは4つのスペースに分割されます。オレンジのスペースはオレンジのプレイヤーが建物を建てることができるスペースになります。青のスペースはブルーのプレイヤーが建物を建てることができ、紫のスペースはどちらのプレイヤーも建物を建てることができます。街路灯スペースには建物を建てることができません。

2:建物ピース 12枚

様々な形の建物ピースがあります。プレイヤーは敷石パネルの自分の色スペースをつなげて建物を建てるため、自分のスペースの形にあった建物パネルを取っていく必要があります。

ゲームの勝敗は街路灯に照らされた建物ピースが何枚あるか、建物ピースの繋がった大きさで加点され、建物ピースを取ったが使わなかった場合減点されるので、建物ピース選びは重要になります。3パネル分の建物ピースが2枚、4、5パネル分の建物ピースが4枚、6パネル分の建物ピースが2枚あります。

3:煙突駒 14個 

煙突駒がそれぞれ7個。ウサギに見える…

建物を建設したときに、どちらのプレイヤーの建物か判別するために使用します。

4:アクショントークン 8枚

アクショントークンがそれぞれ4枚あります。これは、アクションポストカードを使用した際に使った証として場に置きます。

5:アクションポストカード 12枚

アクションポストカードにはそれぞれ特殊な効果があります。1ゲームで使用するのは8枚だけになります。アクションポストカードに付随する特殊ピースが9つあり、これらのピースはアクションポストカードを使った時に使用します。

・アクションポストカードの効果

フェイズ2で使用する、アクションポストカードにはそれぞれ効果があるので説明します。

アクションポストカードは12枚ありますが、1回のゲームで使用するのは8枚になります。最初のうちはアクションポストカードは1番~8番を使用することが推奨されてます。

①空中浮遊

フェイズ1で自分が獲得した建物ピース1枚を、誰も獲得しなかった建物ピース1枚と交換することができる。交換した後、すぐにその建物ピースを配置する。

②地下鉄の入り口

このカードを使用した次のターン、プレイヤーは街路灯スペースを覆うように建物を配置することができる。

③パリ植物園

2パネル分の建物ピースとして使える植物園タイルを貰える。植物園タイルを貰ったら即座にボード上に設置し自分の煙突駒を置く。設置できる場所は自分の色の敷石スペースか紫色のスペース。

④サクレ・クール寺院

ゲーム終了時、自分の手元に残っている建物ピースによる減点がなくなる。

⑤画家

画家駒を貰える。画家駒を貰ったら即座に自分の色の敷石スペースに設置する。ゲーム終了時、画家駒があるエリア内にある街路灯1つにつき2点貰える。

※画家駒があるエリア…ゲームボードの端と建物ピースで区切られる。

⑥シャルティエ

紫色の敷石タイルを貰える。以降の自分のターンで相手プレイヤーの色の敷石スペースの上にこのタイルを置くことができ、そのまま建物ペースか噴水タイル(特殊ピース)を置くことができる。

⑧セーム川の露店古本屋

露店タイルを貰える。露店タイルは自分の建物を1パネル分拡張することができる。露店タイルを貰ったらすぐに自分の色の敷石スペースに置くことができる。自分の建物に隣接した自分の色の敷石スペースじゃないと効果はない。

⑧街路灯

街路灯タイルを貰える。即座に自分の色の敷石スペースに配置する。

⑨ムーラン・ルージュ

踊り子駒を貰える。踊り子駒を貰ったら即座に自分の色の敷石スペースに配置する。ゲーム終了時、踊り子駒があるエリア内の空いている敷石スペース1つごとに1点貰える。

※踊り子駒があるエリア…ゲームボードの端、建物ピース、街路灯スペース、敷石スペースを覆うその他の駒/タイル類で区切られる。踊り子駒が置かれているスペースも空きスペースと見なされる。

⑩海の噴水

噴水タイルを貰える。噴水タイルを貰ったら即座にゲームノード上にある自分の色か、紫色の敷石スペース上に配置する。噴水タイルと辺で接している自分の建物ピース1枚ごとに追加で3点貰える。

⑪考える人

彫像タイルを貰える。彫像タイルを貰ったら即座にゲームボード上にある自分の色の敷石スペースに置く。この時、彫像タイルの正面に最低1つの空きスペースがある必要がある。

ゲーム終了時、彫像タイルと辺で接している自分の色の敷石スペース1つごとに追加の2点を貰える。斜めに接しているスペースごとに追加の1点を貰える。彫像タイルの正面のスペースが開いていない場合は、点数は貰えない。

⑫大街路灯

大街路灯タイルを貰う。大街路灯タイルを貰ったら即座に街路灯スペース上に配置する。大街路灯は街路灯の光の距離を拡張する。(縦横2マスずつ、斜め1マスずつに増える。)大街路灯の先に建物が2つあった場合、1つ目の建物は照らされるが2つ目の建物は建物で光が遮られため照らされない。


遊び方

プレイヤーはオレンジ(太陽)とブルー(月)に分かれ、それぞれ対応する敷石タイル8枚と煙突駒7個、アクショントークン4枚を取ります。敷石タイルは裏向きのままシャッフルしてひとまとめにします。敷石タイルの山の一番上から1枚引き、自分の手札にします。

このゲームの箱がパネルを置くゲームボードになっているので中央に置き、その周りに8枚のアクションポストカードを置きます。それに付随する特殊ピースがある場合、アクションポストカードの横に置きます。

勝敗について

最終的に得点が多いほうの勝ちになります。得点の計算方法は3つあります。

1:建物ピースの大きさ×照らしている街路灯の数

フェイズ2で配置する建物ピースのサイズとそれを照らしている(隣接している)街路灯の数で点数が決まります。例えば5パネル分の建物ピースに隣接している街路灯が2つある場合は5×2で10点になります。建物ピースは街路灯の前後左右にあれば照らされている扱いになり、斜め不可です。

2:建物の最大サイズ

自分の建物ピースがつながった最大サイズが点数になります。例えば3パネル分の建物ピースと6パネル分の建物ピースが隣接した場合、9点になります。

3:未使用の建物パネルの有無

フェイズ1で獲得した建物ピースを、フェイズ2で配置できずに終了した場合は手元に残っている建物ピース1つにつき3点減点になります。

これらの点数を合計し得点が高いプレイヤーの勝ちになります。

ゲームの進め方、実際の流れはこちら