≪モアイロンリ ボードゲーム 遊び方≫ 質問を繰り返してモアイの色と向きを当てる!論理ゲーム好きにおすすめ!

≪モアイロンリ ボードゲーム 遊び方≫ 質問を繰り返してモアイの色と向きを当てる!論理ゲーム好きにおすすめ!

質問を繰り返しモアイの向きと色を当てる論理ゲーム「モアイロンリ」。わかりやすいルールで本格的な対戦が楽しめる2人専用のボードゲームです。遊び方をカンタンに紹介します。

YouTubeに遊び方、プレイ動画をアップしてます。良ければこちらもご視聴ください。


内容物の紹介

箱を開けると中身はこんな感じ。赤いモアイが4体、青いモアイが4体、黄色いモアイが2体。ついたてが2つ。質問カードが7枚。モアイを絶たせる土台が10個あり、1-5まで番号が振られているのが2個ずつあります。


遊び方

プレイヤーは各ターンで「質問」を行います。場に並べた質問カードを使って相手に質問をします。質問をお互いしたら1ターンが終了します。

ターンが終了したら一番右のモアイを1番左に移動させます。ターンごとにモアイが移動していくので見える状況が変わっていきます。

「質問」を交互に繰り返していき、モアイの色、並びがわかったら「宣言」をします。


勝敗について

「質問」を繰り返していき、相手の図形がわかったら「宣言」をします。モアイの色、向きが完全に合っていれば「宣言」したプレイヤーの勝ちです。

間違っていた場合は「違います」とだけ答えます。

「宣言」は何回でも行えますが、「宣言」を間違えた時は「質問」はできません。


実際の流れ

じゃんけん等任意の方法で先攻と後攻を決めます。

プレイヤーはモアイと足場を組み合わせ、ついたてを立て、相手に見えないようにモアイを並べます。

左から順に1,2,3,4,5と並べます。モアイの向き、色の並びは好きに組み合わせてOKです。

プレイヤーの間に7個の質問カードを並べます。これで準備は完了です。

モアイの並べ方の例です。

始めに「青のモアイは見える?」と質問しました。

相手プレイーの解答は「1番と3番が見えている」でした。

質問をしたらメモを取りましょう。

メモの取り方は私は上の写真のように1ターンごとに質問した内容と回答を書くようにしてます。(字が汚くてすみません…)

1番が青色のモアイを見ているということは1番のモアイは右を向いている状態。(左を向いていたら度のモアイも見えないため。)

そのモアイが青色を見ているのであれば2番のモアイが青色。

3番のモアイも青色を見ているのであれば3番が左向きで2番のモアイを見ているのか、右向きで4番が青色なのかはわかりません。4番が青色の場合は5番は青色を見ていないので右を向いているということになります。

相手プレイヤーは「黄色のモアイが見える?」の質問をしました。自分のモアイで黄色が見えているのは4番だけなので「4番が見えている」とだけ答えました。使った質問カードは裏返しにしていきます。

これで1ターンが終了したのでモアイを動かします。

一番右にあった5番のモアイを一番左に動かし、並びが「5,1,2,3,4」になるようにします。

次に「自分と同じ色のモアイは見える?」を聞きました。相手の解答は「3番のモアイが見えている」でした。

質問の内容と回答をメモに書きます。2ターン目は最初とモアイの位置が変わっているのに注意しましょう。

3番のモアイが同じ色のモアイを見ていて、3番のモアイは最初の質問で青色が見えていると言っていたので3番のモアイは青色で左向きなのは確定です。

2番のモアイは自分と同じ色のモアイが見えていないので2番のモアイも青色で左向き。

1番のモアイは右向きで色が不明。4番と5番は色も向きも不明。

次のターンではこのいずれかがわかるような質問をしていき情報を絞っていきます。

このように質問を繰り返していき、相手の立体がわかったら「宣言」をします。


まとめ

1ゲーム10分~15分ほどで楽しめる論理ゲームです。初めのころはモアイが動いて情報が正しく把握できずに苦戦するかも。慣れれば問題なく遊べると思います。

タギロンやヨメンと同じく、解けた時の爽快感がとても嬉しいのと、ドツボにハマった時の絶望感はあります。

情報を毎ターンきちんと整理し、適切な質問カードを選ぶのが大切。そもそも質問カードに聞きたいのがない場合もありますが。。。

黄色のモアイが1体だけなのでここを当てたらちょっと楽になりますが、誰からも見えないように隠されることが多いです。逆にどうやっても黄色のモアイが見えなければ、それはそれでわかってしまうのであまりこだわりすぎない方が良いかも。

上記で紹介しているのは通常ルールですが、他にも黄色のモアイが真逆の回答をする「あまのじゃくモード」もあります。これは余計に情報が錯綜してドツボにハマってしまうとどうしようもなくなってしまいますが、ある程度慣れてきたこっちで遊んだほうが楽しいです。

タギロン、ヨメンと同じ人がゲームデザインをしているので、タギロンのような論理ゲームが好きな人にはぜひオススメです!


ちなみに上のゲームの流れでの正解の配置はこれでした。