大金持ちになってマハラジャ専属の商人を目指す。策略が交差する2人専用ボードゲーム ジャイプル 【遊び方 】

大金持ちになってマハラジャ専属の商人を目指す。策略が交差する2人専用ボードゲーム ジャイプル 【遊び方 】

市場の品物を交換・獲得し、より良いレートで売却することで収入を得て、相手よりお金を集めるカードゲーム「ジャイプル」。

遊び方をカンタンに紹介します。


内容物の紹介

中身はこんな感じ。トークン11種類とカードが入ってます。

1:品物カード 55枚

品物カードは7種類あります。


赤:ダイヤモンド 6枚
黄:金 6枚
灰:銀 6枚
紫:布 8枚
緑:スパイス 8枚
茶:皮革 10枚
ラクダ 11枚


ゲームで獲得、交換、売却する品物カードです。ダイヤモンドが一番高い値段が付き、皮革が一番安い値段になります。

2:トークン

上2段は、品物カードを売却したときに得る得点トークンです。

3段目はボーナストークンで、品物を3つ、4つ、5つまとめて売却したときに貰えるボーナストークンです。

4段目左は優秀の証で、ラウンドを勝利したプレイヤーがもらえます。先に2枚集めたプレイヤーの勝ちになります。

右はラクダトークンで、ラウンド終了時にラクダカードを多く持っているプレイヤーに与えられます。

品物トークンには得点が書かれてます。


赤:ダイヤモンドトークン 5枚
黄:金トークン 5枚
灰:銀トークン 5枚
紫:布トークン 7枚
緑:スパイストークン 7枚
茶:皮革トークン 9枚


ダイヤモンドなら最高で7点、皮革なら4点になります。

1つの品物トークンがすべて同じ点数ではなく、例えばダイヤモンドなら7点~5点、皮革なら4点~1点になります。最初に品物を売却したプレイヤーが高得点を得られるようになってます。ラクダトークンは1枚のみで、5点になります。

ボーナストークンは、裏側にだけ点数が書かれてます。相手プレイヤーからは得点がわからなくなってます。5枚売却した時のボーナストークンの得点は8~10点、4枚売却した時のボーナストークンの得点は4~6点、3枚売却した時のボーナストークンの得点は1~3点になります。


遊び方

まず初めに、プレイヤー間にラクダカードを表向きに3枚並べ、残りの品物カードはすべてまとめてシャッフルします。その後、各プレイヤーに5枚ずつ品物カードを配り、残りは山札として置きます。

続いて、山札から2枚のカードをめくり、ラクダの隣に表向きに並べます。この5枚のカードが市場になります。

次に各プレイヤーは配られた手札から好きな枚数のラクダカードを、自分の手前に表向きで置くことができます。これが各プレイヤーの家畜になります。手札にラクダカードがあっても置かなくても構いません。

トークンを種類別に分け、それぞれ並べます。品物トークンは、点数が高いものを上から並べていきます。ボーナストークンは表面(点数が書かれていないほう)のままシャッフルをして場に置きます。

先攻・後攻を適当な方法で決めます。

このゲームでは、自分の手番に以下のいずれかを実行します。

1:カードを取る

2:カードを売却する

1を選んだ場合、下記の3つの方法からカードを得ることができます。

A:複数の品物を交換する

B:品物カードを1つ取る

C:すべてのラクダカードを取る

Aを行う場合、市場から好きなだけ品物カードを取り、自分の手札に加えます。次に、同じ枚数分の「手札の品物カード」か「家畜のラクダカード」を市場に置きます。全てラクダカードでも、すべて品物カードでも、ラクダカードと品物カードを混ぜて市場に戻してOKです。

Bを行う場合、市場から1枚だけ品物カードを取ります。

次に山札の1番上のカードを市場に表向きに置きます。

Cを行う場合、市場にあるラクダカードをすべて取り、自分の家畜置き場に加えます。次に取ったラクダカード分、山札の上からカードを市場に表向きに置きます。

※プレイヤーの手札の上限枚数は7枚なので、それを超えて品物カードを手札に加えることはできません。

2を選んだ場合、プレイヤーは自分の手札にある品物1種類を選び、好きな枚数分売却することができます。手札で売却したい品なもの1種類を捨て札に置き、対応する品物トークンを売却した枚数分獲得します。3枚以上売却する場合対応するボーナストークンを1枚獲得できます。

※品物を売却する時、ダイヤモンド・金・銀は最低でも2枚以上を同時に売却しなければなりません。


勝敗について

1ゲームで、2ラウンドか3ラウンド行います。

1ラウンドは品物トークンのうち3種類がなくなった、または山札のカードがなくなったら終了します。

ラウンドが終了したら、ラクダカードを多く持っているプレイヤーがラクダトークンを獲得します。

各プレイヤーは自分が獲得した品物トークンを裏返し、トークンの点数を合計します。より高得点のプレイヤーがそのラウンドの勝者となり、優秀の証を1枚獲得します。

両プレイヤーの合計得点が同点の場合、ボーナストークンの所持枚数が多いほうが勝ちになります。それも同数の場合は、品物トークンの枚数が多いほうの勝ちになります。

次のラウンドは、前ラウンドで負けたほうが先手になります。

どちらかのプレイヤーが2枚目の優秀の証を獲得するとゲーム終了になります。


実際のプレイの流れ

ゲーム開始時の手札5枚から、ラクダカードを3枚家畜置き場に置いた状態です。手札の品物カードは布が1枚、銀が1枚。

市場に出ている品物も皮革しかなく特にいらないので、C:すべてのラクダカードを取るを実行。市場に追加された品物カードは金・スパイス・銀。

相手プレイヤーは、A:複数の品物を交換するを実行。金と銀を1枚獲得し手札から品物カードを置きました。金と銀の代わりに布が市場に並びました。

次の手番で、A:複数の品物を交換するを実行。手札に布が1枚あるので、場にある布カード2枚とついでに皮革カード2枚を獲得。全てラクダカードで交換しました。

相手プレイヤーは、2:カードを売却するを実行しました。手札の金を2枚売却し、金のトークンを2枚獲得しました。

こちらも2:カードを売却するを実行。手札の布を3枚売却し、布のトークン3枚と、3枚交換したのでボーナストークンを1枚獲得。

相手プレイヤーはラクダを全部取り、空いた分山札から市場にカードを置きました。

スパイス2枚とダイヤモンドを1枚交換。手札の皮革カード2枚と、ラクダカード1枚を市場に置きました。

相手プレイヤーはまたラクダカードをすべて取得。山札からカードを2枚市場に置きました。

今の手札はこんな感じ。品物は早めに売却したほうが得点の高いトークンがもらえるのでさっさと交換するのがいいのですが、できれば3枚以上まとめて交換してボーナストークンも取得したいところ…欲を取るか手堅くいくか悩むところです。市場にいい品物も並んでないし…

これを繰り返し行っていき、品物トークンが3つなくなるか、山札カードをがなくなるかまで繰り返します。


まとめ

品物カードの枚数は限られているので、なるべく1回で3枚以上交換してボーナス点を得たいところですが、ダイヤモンドや金でそれをするのはなかなか難しいです。ダイヤや金はさっさと交換したほうが最初の得点が大きいので、2枚出たら即交換でもいいかも…

反対に皮革などは点数が低いけど枚数も多く出やすい、みんなあまり重要視していないことが多いので、5枚まとめて交換したほうが絶対に得。皮革は交換した点数が低いですが5枚交換のボーナス点で10点獲得とかもあるので積極的に狙いたい。あとはスパイス、布カードをいかに効率よく集めて売却していくかになると思います。

相手プレイヤーの狙いの品物は何か、まとめて売却するつもりなら先に高得点トークンは取っておきたいな…などお互いの思索を探りながら高得点を目指していくゲームになります。

市場のカードをなるべく自分で補充しなければ、1ターンのロスがなくなるので、例えば市場をラクダカードで埋めて、相手の選択肢を強制的に1つにして相手にラクダを取らせる。そうすると相手が市場に新しい品物を5枚補充する事になるので、次のターン品物は選びたい放題になります。あまり自分から大量に市場にカードを置かないような立ち回りをするなど、駆け引きがちょいちょい入ってきます。

相手の思索を考え、駆け引きを楽しみたい方にはぜひオススメのボードゲームです。

購入はこちらから。