プレイヤー全員が1つになって、手札の数字カードを数字が小さい順に出していくだけ!協力型のボードゲーム ザマインド 【ゲーム紹介・レビュー】

プレイヤー全員が1つになって、手札の数字カードを数字が小さい順に出していくだけ!協力型のボードゲーム ザマインド 【ゲーム紹介・レビュー】

手札の数字カードを小さい順に出していくだけ!ただし声を出したりして自分の手札を相手に教えてはいけない。たったこれだけのルールなのに盛り上がる協力型のカードゲーム 「ザ・マインド」。

始めは各プレイヤーに1枚だけカードを配ります。カードには1~100の数字が描かれてます。それぞれの数字は1枚しかなく重複はありません。その1枚だけのカードを声を出したり合図したりせずに数字の小さいと思う人から場にカードを出していきます。

無事にカードを小さい順に並べたらラウンドクリアになり、次は各プレイヤーの手持ちが2枚になります。クリアするたびに手持ちが3枚、4枚、5枚…と増えていき12枚までクリア出来たら終了です。

合図なしに、小さい数字から順にカードを出していくとなると、自分のカードを出すかどうか決断するのは「間」になるわけですが、これがなかなか難しい。

結構人の性格が色濃く出るので、せっかちな人が多ければサクッといきなり高い数字を出されて失敗するし、慎重な人がいれば長い時間待ってもゲームが進まなかったり…一緒にプレイする人の性格もお互い加味しながら慎重にやっていくことになります。

また近い数字を持っている人がいる場合、行けると思って出したら相手より数字が1大きくて失敗…なんてこともよくあります。

なかなか成功を続けるのが難しく、自分は4人でやっても5枚手持ちくらいまでしかクリアできてませんが、クリアできた時の達成感やみんなで成功した一体感はなかなか嬉しく感じます。

ルール上は完全にサイレントの状態でプレイするわけですが、これもなかなか守られにくい…のは自分の周りがお喋りばかりのせいですかね。結局数字は言わないものの「誰か出せよー」とか、「俺出すよ?いいん?」とかちょいちょい喋りがちになってしまいます…そんなちょっとしたコミュニケーションを良しとするかどうかはプレイする人たちで決めればいいと思います。

見ず知らずの人とプレイしたことはないですけど、その人がどんな感じの人なのかわかっていいかも。仲がいい人たちとも、まだ仲良くなりたての人たちとも遊べそうな、お手軽なボードゲームです。