記憶力が試される!同じ絵柄が2枚出たら対応するカードを取るだけのカンタンなルールなのに盛り上がるカードゲーム デジャブ 日本語版 【ゲーム紹介】

記憶力が試される!同じ絵柄が2枚出たら対応するカードを取るだけのカンタンなルールなのに盛り上がるカードゲーム デジャブ 日本語版 【ゲーム紹介】
デジャブの遊び方はこちら

同じ絵柄が2回出たと思ったら対象のパネルを取る。たったそれだけのルールなのに、すごい盛り上がるゲーム「デジャブ」。大人も子どもも一緒に遊べる、楽しいボードゲームです。

何回も遊べ、続けてプレイすればするほど難易度が増していきます。「…あれ、これ見たの前ゲームの時やったっけ??」てことも多いです。

瞬間記憶力と、場のどこにどのパネルがあるかを記憶して、いち早くとってパネルを取っていく。神経衰弱に似た、新しい感覚の記憶力ゲームです。


・ゲーム詳細

人数 2~6人

時間 約15分

年齢 8歳~


・ゲーム説明

タイルと同じ絵柄はいずれかのカード2枚に描かれています。カードよく混ぜて、裏向きの山にし、1枚ずつ順番にめくって表にして重ねます。

すべてのプレーヤーは、カードに出てきた絵柄をよく覚えておきます。同じ絵柄が2度出てきたと思ったら、対応するタイルを取り自分の前に置きます。

もし、すでに誰かの前に置かれているタイルの絵柄が描かれたカードがめくられたら、明らかなお手付きです。そのプレーヤーはそのラウンド失格となります。失格せずにたくさんのタイルを集めたプレーヤーの勝ちです。

神経衰弱のように、悩みながらカードをめくったりできません。一定のリズムでカードはめくられます。テンポよく進むゲームです。

人間の記憶はあやふやなものです。 初めての場所に行って、以前来たことがあるような気がしたことはありませんか。それがデジャブです。

デジャブの遊び方はこちら